ラシックス
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

【ライブレポ】トリプルファイヤー自主企画vol.5「吉田たちの挽歌」(吉田ヨウヘイgroup × トリプルファイヤー2マン)

2014.12.01 Mon
お疲れ様です。なべやまひできです。

今回はつい昨日行われたトリプルファイヤー自主企画vol.5「吉田たちの挽歌」のライブレポをお届けしたいと思います。

B3IlFUiCQAE60bi.jpg

今回は吉田ヨウヘイgroupとの2マンライブということで、吉田ヨウヘイgroupはトリプルファイヤーのカバーを、そしてトリプルファイヤーは今年の集大成となる過去最長のセットリストと事前にアナウンスがあり、期待に胸を膨らませて会場に向かいました。それでは以下、ライブレポとなります。

■吉田ヨウヘイgroup
今年のフジロックのルーキーステージにも出演した吉田ヨウヘイgroup。フジではArcade Fireと時間が被ってて観られなかったのが残念だったのですが、今回が初見となります。結論から言ってしまうと、すっごく良かったです!8人組と大所帯なのですが、管楽器と女性コーラスがフィーチャーされた華やかで雄大な感じは、Arcade FireやBroken Social Scene(大好き!)といったカナダのバンドを思わせました。あとグルーヴが円形な感じで、晴れた日に野外で聴いたら最高だろうなあと思いました。フジのステージめっちゃ似合いそうですね。

どの曲も良かったのですが、とりわけ「ブールヴァード」はすこぶる素晴らしく、必殺の1曲としてフロアを沸かせていました。



ドッシリとしたビートにポップ&キャッチーな管楽器のメインフレーズ、女性コーラスが楽曲に華やかさを与え、そしてギターはひたすら地獄のテクニカル・エクササイズというインパクト抜群な1曲です。ダンスミュージック的な陶酔感・恍惚感もあり、大変幸せに体を揺らしながら聴いておりました。

そしてラストに披露されたトリプルファイヤーのカバーはなんと「パチンコがやめられない」。博打に身を焦がす自堕落な大学生を歌ったこの曲が管楽器によって無駄な豪華さと華やかさを与えられ、なんともシュールでした。あとギターが完コピで凄かったです。

■トリプルファイヤー
トリプルファイヤーを観るのはこれが実に8回目なのですが、文句無しに過去最高に良かったです。個人的には10億万点くらい差し上げたい感じでした。

まず、いつもにも増して音の分離が素晴らしかったです。吉田さんのボーカルはハッキリと聴こえ、鳥居さんのギターは鋭く光っており、山本さんと大垣さんのリズム隊はファット&タイトなビートを刻み続けていました。フジロックでSt.Vincentを観たときにめっちゃ音いいなあと思ったのですが、今日のトリプルファイヤーにもそれに近しいクリアさ&ハイファイさを感じました。トリプルファイヤーは外タレっぽい音するなと思います。

そして今日は吉田さんのボーカルが気合充分で絶好調な感じだったと思います。「次やったら殴る」では、今回は本当にやるんじゃないかと思わせるくらいの気迫でした。当然やんなかったですけど。MCも安定の切れ味で、終始機嫌が良さそうでした。

新曲も数多く披露されましたが、本当に観る度に良くなっていっており、次のアルバムが大変に待ち遠しいです。ギターとベースとドラムの抜き・刺し・絡みが本当に見事で、演奏だけ聴いたら完全にロンドンかニューヨークあたりのニューウェイヴ・バンドだと思います。演奏だけなら。それにしても今日は本当にグルーヴ感と切れ味が素晴らしく、終始ずっと踊っていました。これは最強のダンスミュージックだなとマジで思いました。

以前にもトリプルファイヤーはいずれZAZEN BOYSとかゆらゆら帝国のレベルに到達すると書いたのですが、それを改めて強く確信させるライブでした。完全に近づいていっている感じがあります。それでいて先の2バンドのようなある種の「孤高」「近寄りがたい」といった雰囲気が一切しないのだから、本当に稀有で画期的なバンドだなあと思います。

最後に以下、記憶頼りのセットリストと個人的なハイライトシーンです。セットリストは中盤の曲順がちょっと自信ないのですが、大体合ってると思います。⇒セットリストがアップされてましたので修正しました。

<SET LIST>
01.面白いパーティー
02.スキルアップ
03.変なおっさん(新曲)
04.次やったら殴る
05.Jimi Hendrix Experience
06.トラックにひかれた(新曲)
07.可能性が無限
08.やはりがんばらなくてはいけないのか(新曲)
09.Bの芝生(新曲)
10.思い出の中で生きている(新曲)
11.全国大会(新曲)
12.戦争の話(新曲)
13.パチンコがやめられない
14.エキサイティングフラッシュ
15.神様が見ている
16.ブラッドピット
EC1.カモン.
EC2.おばあちゃん

B3sjoa_CIAAZF_q.jpg

<個人的ハイライト・シーン>
3位:「神様は見ている」での鳥居さんのギター
→CDだとメインリフの他にパーカッシブなピッキングが入ってるんですが、あれそのままやってて感動しました。

2位:「エキサイティングフラッシュ」の照明
→「フラーッシュ」⇒「(ギター)ジャーン」のタイミングで照明が緑に光るんですけど、あれ滅茶苦茶カッコいいんですよ。

1位:「パチンコがやめられない」でベース山本さんが動いた
→やっぱり今日はこれですね。う、動いた!?っていう。最高でした。


吉田ヨウヘイgroup&トリプルファイヤーの皆様、お疲れ様でした。来年も更なるご活躍を期待しております!!
 




<ハイライト・シーン番外編>
ゲスの極み乙女。のベースとドラムの方が観に来ててビックリしました。

 
スポンサーサイト


Category:ライブレポ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<B.L.O.G. | HOME | 大人になれば(※小沢健二とは関係ありません)>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。