ラシックス
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

無味無臭のアルバム(WHYTE SEEDS『MEMORIES OF ENEMIES』)

2014.10.07 Tue
なるべく週一ペースでブログを更新しようと思ってまして、今日もこうしてモニタに向かっています。
正直大して書くことはないんですが、こういうのは無理やりにでも続けることが大事だと思います。
書くことがないので、今までの音楽リスナー人生の中で最も印象に残っていないアルバムを紹介したいと思います。
WHYTE SEEDSというアーティストの『MEMORIES OF ENEMIES』というアルバムがそれです。



多分、2003年位だったと思いますが、当時はタワレコで良さげなアルバムを手当たり次第購入するというスタイルで、この『MEMORIES OF ENEMIES』もそんな流れで購入した一枚でした。確かサマソニに出るだか何だかで、「ハードな演奏、キャッチーなメロディ、極上のポップセンス!」みたいな死ぬほどありがちなコピーで推されていた記憶があります。いや、正直殆ど覚えてないんですが、音楽性から察するに多分大体合ってると思います。輸入版で安かったのと、ポイント5倍セールだかなんだかでとりあえず買っちまえということで、試聴もせずに購入したのでした。

家に帰ってから、漫画読みながらかゲームしながらか、とりあえず何か作業しながら聴いていたのですが、再生が終わってびっくりしました。何一つどんな曲、どんな音だったのか覚えていないのです。それまでの人生において、これほどまでに無味無臭で右耳から左耳にすり抜けていった音楽は初めてでした。あのToolですら「絡みずらっ!」という感想を抱いたというのに。何はともあれ、それ以降このアルバムを再生したことは一度もありませんでした。

今回、この記事を書くにあたって11年振りに聴き返してみました。
現在5曲目くらいですが、4曲目までどんな曲だったか全く思い出せません。
出会いから11年経った今もなお、当時と同じ感覚を味わえたのは素直に驚きと言わざるを得ません。

これまでの人生、それなりに色々なアルバムを聴いてきたと思っていますが、無味無臭アルバムとしてこのWHYTE SEEDS『MEMORIES OF ENEMIES』の右に出るものはありません。「聴いて損した」とすら思わせない、ある種のサイケデリック感覚を味わいたい方は是非手に入れて聴いてみて下さい。Amazonに1点在庫あり。ご購入はお早めに!


 
 
スポンサーサイト


Category:雑記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<年の瀬、そして「PC MUSIC」 | HOME | 何事も慣れだ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。