ラシックス
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

2010年代前半ベストトラック30(邦楽編)  #2010sBestTrack 

2014.09.14 Sun
お疲れ様です。なべやまひできです。

今回は「音楽だいすきクラブ」さんの企画『2010年代のベストトラック』に参加すべく、2010年~2014年のベストトラック30曲を選んでみました。企画の趣旨は「音楽だいすきクラブ」のブログを参照下さいませ。

選考基準ですが、自分の好みに「2010年代のベストトラックとして相応しいか」という客観的な観点を加えて選んでみました。特にTOP5はその観点を意識してます。あと1アーティスト1曲という縛りは設けませんでした。縛るとそれはそれでなんか無理やり感があったので。

それでは以下、自分が選んだ2010年代のベストトラック30曲です。TOP10はコメント付きで。ネットで聴けるものはタイトルにYouTubeなりのリンクを貼ってますので聴いてみて下さい。
ではどうぞー。

30. group_inou「HEART」
29. tofubeats「SO WHAT!? feat.仮谷せいら」
28. トリプルファイヤー「スキルアップ」
27. Perfume「不自然なガール」
26. ハナエ「Boyz & Girlz」
25. Perfume「Sweet Refrain」
24. サカナクション「夜の踊り子」
23. タルトタタン「しょうがないマイラブ」
22. 中村一義「おまじない」
21. Tomato n' Pine「ワナダンス!」
20. 大森靖子「ミッドナイト清純異性交遊」
19. tofubeats「No.1 feat.G.RINA」
18. ミツメ「Disco」
17. きゃりーぱみゅぱみゅ「CANDY CANDY」
16. うみのて「SAYONARA BABY BLUE」
15. N'夙川BOYS「プラネットマジック」
14. Tomato n' Pine「そして寝る間もなくソリチュード (SNS)」
13. group_inou「MONKEY」
12. group_inou「STORY」
11. LAMA「Cupid」


10. 坂本慎太郎「まともがわからない」


坂本慎太郎ソロ第1期の集大成と自分が勝手に思っている曲。メロ・サウンド・アレンジ、いずれもが極めてハイクオリティ。そして意外にも公式PVが作られていない。


9. Tomato n' Pine「POP SONG 2 U」


今年の初めの頃はこればっか聴いてた気がする。TM NETWORK大好きな自分が抗えるはずもなく。自分の好きなツボをこれでもかと押してきた正にポップソング。


8. 大森靖子「絶対彼女」


曲も好きだけどアレンジが凄く好き。大森靖子は最初そこまで好きじゃなかったけど、これと「ミッドナイト清純異性交遊」を聴いてかなり好きになった。


7. 神聖かまってちゃん「夕暮れメモライザ」


2011年の夏、この曲は本当に良く聴いた。大好き。夜勤明けに聴いてたことをなぜか強烈に思い出す。


6. 神聖かまってちゃん「黒いたまご」


マイベストヒッツ50曲にも選んだけど、当時こんな曲を作ってた邦ロックバンドはいなかったと思う。神聖かまってちゃんを好きになった要因として非常に大きな1曲。


5. トリプルファイヤー「カモン」


かっこよさと情けなさと面白さと悲しさとキャッチーさと大衆性と革新性と変態性と批評性と爆発力が全て備わった恐るべき1曲。オリジナリティとはこういうことを言うのだ。


4. きゃりーぱみゅぱみゅ「PON PON PON」


中田ヤスタカの曲は「気合入ってる曲」と「そうでもない曲」が案外分かりやすいと思ってるのだが、そういう意味だとこれは「超気合入ってる曲」。手癖で作りました感が薄く、メロディー、歌詞、アレンジから曲展開に至るまで相当に練られていると思う。これから2010年代の新しいポップ・アイコンとなるであろう、きゃりーぱみゅぱみゅのデビューに相応しい曲を。そんなコンセプトで天才が気合入れまくって作ったのがPON PON PONである。多分。


3. 神聖かまってちゃん「ロックンロールは鳴り止まないっ」


音楽にどっぷりハマった人でこの曲のAメロの歌詞に抗える人がいるのだろうか。これは2010年代のブルーハーツなのだと思った。そんなにブルーハーツ聴いてないけど。アレンジ的な面だとピアノを全面に取り入れているのが他の邦ロックバンドと一線を画していたと思う。最近の邦ロックつまんねえなあと思っていた自分にとって、神聖かまってちゃんは衝撃だったのだ。


2. tofubeats「水星 feat.オノマトペ大臣」


個人的には2010年代トータルでもTOP10に入るだろうと思っている曲。「2010年代の今夜はブギー・バック」という形容詞は決して大げさではないと思う。KOJI1200を引用したシンプルなアレンジは、強烈に2010年代を感じさせるのと同時に時代に流されない強さをも感じさせる。


1. AKB48「恋するフォーチュンクッキー」


天邪鬼な自分はこれだけ各方面で絶賛されているとコレを1位にするのをためらってしまうのだが、それでも色々考えたらコレが1位だった。完璧なポップソング。作曲者と編曲者のことを考えると、これだけ評価されて本当に良かったなあと思う。あとAKB48自体は自分は全然詳しくないんだけど、この曲は指原がセンターだったのが凄い良かったと思う。


以上、2010年代のベストトラック30曲でした。
ちなみにアーティスト数は18。2010年代前半は大体この人達を聴いてたということですね。
改めてリストアップしてみると、やっぱバンドもの少ないなあと思いました。
近年の自分の嗜好をなかなか如実に反映していると思います。
なお、本企画は9月30日まで参加受け付けてるとのことなので、興味がある方は是非是非参加してみて下さいませ。

で、この企画、洋楽もやるということなので、次回は洋楽の2010年代ベストトラック30曲を発表したいと思います。
実は洋楽のが選ぶの楽しみだったりします。

それでは。
 
 
スポンサーサイト


Category:マイベストヒッツ | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |
<<2010年代前半ベストトラック25(洋楽編)  #2010sBestTrack  | HOME | 【ライブレポ】どこよりも早い『廃病院パーティーVol.3』ライブレポ(不完全版)>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。