ラシックス
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

なべやまひできの50曲:邦楽編(No1~10)

2014.01.15 Wed
お疲れ様です。なべやまひできです。

ブログを始めたばかりですが、こんな企画をやってみようかなと。

僕は1994年からいわゆるポップミュージックを聴き始めたのですが、今年でめでたく20周年なんですね。
そこでリスナー人生20周年を記念して、「心のベストヒッツ50曲」を勝手に選出します。
選出基準は、この20年間で「影響を受けた」「感動した」「とにかく大好き」な50曲、です。
ヒットしたとかシーンに影響を与えたとか、そういった観点は無視して、完全に自分主観で選んでおります。
で、最終的に50曲の中から、20周年ということでベスト20を決定しようと思います。
(ちなみにこの試みはレジーさんのこちらの企画に強くインスパイアされております。)

ということで各回10曲ずつ、計5回に分けて発表していきます。
基本的には「曲に出会った順番」に発表しようかなと。
ちなみにこの50曲内での順位はありません。そこまでランク付けできませんでした。
あと、基本的に1アーティスト1曲にしてますが、ときどき1アーティスト2曲とかもあります。

音源が聴けるようにYouTubeなりのリンクを貼っておきますので、
「私もこれ好き!」とか「全然知らなーい」とか「センスねぇなコイツ」とか思いながら、
読んで(聴いて)頂ければと思います。

それでは、No1~10の発表です。


1.金曜日のライオン/TM NETWORK(1984)


人生で初めてポップミュージックに衝撃を受けたのが、
1994年夏にCD屋でレンタルした「TMN final live LAST GROOVE 5.18」。
そしてその1曲目がこれ。こんなにカッコイイ音楽は聴いたことがなかったのです。


2.SELF CONTROL/TM NETWORK(1987)


そして「TMN final live LAST GROOVE 5.18」で外せないのがこれ。
極上のイントロ!Aメロ・Bメロ!サビ!Cメロ!
なによりイントロのシンセ・サンプリングボイス・四つ打ちが格好良すぎて、素敵すぎて。
今に至るまでの自分の音楽的趣向をかなり決定付けた1曲です。


3.戦場のメリークリスマス/坂本龍一(1983)


これはもう単純に、なんて良いメロディーなんだろうと思いましたね。
そして曲全体を貫くオシャレなコード進行、何とも言えぬ切なさ。
それがペンタトニックスケールと王道進行によるものだということが分かるのは、もっと先の話でした。


4.君に、胸キュン。/YMO(1983)


でそっからYMOです。
TMと坂本龍一を好きになった時点で、ある種必然的に辿り着いたといえますね。
実は当初YMOってなんか堅苦しそうで敬遠してたんですが、それを見事に払拭したということでこの1曲をチョイス。


5.冬がはじまるよ/槇原敬之(1991)


これは色々音楽聴くようになって、後追いでそういえば凄い好きだったと思い出したパターンですね。
小学生当時、レンタルビデオ屋の有線で流れてて、「なんてハイセンスな!」と思ったのを鮮烈に覚えてます。
何様だお前は。


6.もう恋なんてしない/槇原敬之(1992)


後追いパターンその2。
なんか小学生の頃って、家族ぐるみの付き合いってあるじゃないですか。
で友達の家に家族で行ったときに、その家でずーっとリピートで流れてて。
「なんてハイセンスな!」と思ったのを、やはり鮮烈に覚えています。


7.心の旅/チューリップ(1973)


幼少の頃に車のカーステレオで聴いて大好きになったシリーズ。
親父がチューリップ好きでよく車でかけてたんですが、当時から良い曲だなーと思ってて、
音楽色々聴くようになってから聴きなおしても、やっぱり良い曲でした。
あとにも出てくるんですが、「幼少の頃に車のカーステレオで聴いてた」音楽に実は相当影響を受けております。


8.ぼくがつくった愛のうた〜いとしのEmily〜/チューリップ(1974)


カーステレオシリーズその2。
チューリップというか財津和夫のメロディセンスはヤバいですね。正に日本屈指。
これに対抗できるのは草野マサムネくらいじゃないですかね。


9.コンピューターおばあちゃん/みんなのうた(1981)


僕はエレクトロポップが好きで、それはTMとかYMOの影響だとずっと思ってたんですが、
よくよく辿ると、実はそれよりずっと昔に原点があったという。3歳くらいの頃に大好きだった曲。
TMとYMO好きになったのも、逆にこれの影響じゃないかと考えたら、なんか色々納得したという話。
何気にこれアレンジが坂本龍一でドラムが高橋幸宏ですしね。運命的な何かを感じますね。


10.メトロポリタン美術館/みんなのうた(1984)


コンピューターおばあちゃんと並ぶ、みんなのうた二大巨頭。
曲も去ることながら、何といってもPVが鮮烈ですね。

あと、この曲が入ってるカセットテープが家にあって、
アレンジが違うんですが、その動画もあったので貼っておきます。
曲的にはこっちのバージョンの方が印象強くて、何がいいってサビのスネアがめっちゃいいんすよ!!!!!!!!!!!



ということで、以上No1~10の発表でした。
古すぎてこの先どうなるんだろうという不安がよぎりますが、
段々新しくなってくから大丈夫です。そのうち神聖かまってちゃんとかも出てくるから大丈夫ですって。

あと一応捕捉しておくと、TMもYMOもチューリップも、リアルタイムでは聴いていないです。
好きになったときにはみんな解散してました。
昔のバンドの動画がこんなに簡単に見れるなんて、その意味ではほんといい時代だなあと思います。

ということで、次回はNo11~20を発表したいと思います。

それでは。

スポンサーサイト


Category:マイベストヒッツ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<なべやまひできの50曲:邦楽編(No11~20) | HOME | ブログはじめました。>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。