ラシックス
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

【ライブレポ】アヒトイナザワと田渕ひさ子さんを観てきました(タルトタタン TARTETATIN ARE ALLRIGHTレコ発「Are you all right ? Vol.3」)

2014.12.22 Mon
はい、こんばんは。

先日、タルトタタン TARTETATIN ARE ALLRIGHTレコ発「Are you all right ? Vol.3」を観てきました。
出演は以下の顔ぶれでした。

・タルトタタン(バンド編成:Dr.諸石和馬(Shiggy Jr.) 、B:森夏彦(Shiggy Jr.) 、G:田渕ひさ子)
・トリプルファイヤー
・古都の夕べ(B:森夏彦(Shiggy Jr.)、Dr.アヒトイナザワ、Gt.田渕ひさ子、Vo/Gt.田中(進行方向別通行区分)


古都の夕べのメンバーをご覧になればお分かりの通り、なんとハーフNUMBER GIRLですよ。何がどうしてこうなった。アヒトのドラムなんて次いつ見られるか分からない上に、ひさ子さんと組むなんてのは、これはある種グランドクロスみたいもんじゃないでしょうか(2人が同じステージに立つのってNUMBER GIRL解散後初めて?)。

ということで、この2014年師走、東京に偶然発生したグランドクロスを刮目すべく、渋谷へ向かったのでした。

自分はNUMBER GIRLをリアルタイムで聴いていた世代でありますが、残念ながら彼らのライブを観ることはありませんでした。チケットを取ろうにもなかなかタイミングが合わず、そうこうしているうちにNUMBER GIRLは解散してしまったのであります。どのアーティストでもそうですが、ライブは観られるうちに多少無理してでも観ておいた方がいいと思います。

そして初めて生で目撃したアヒトのドラムとひさ子さんのギター。結論から言うと、NUMBER GIRLのあのドラムとあのギターが鳴っていました。本当に「あの音」で感動しました。

アヒトのドラムは叩きっぷりがとにかくカッコよく、スネアが滅茶苦茶良い音で鳴っていました。ひさ子さんのギターは一度聴いただけでそれと分かるシグネイチャーな音で、誤解を恐れずに言うと、NUMBER GIRLのあの音というのはひさ子さんのギターなんだなあと思いました。ひさ子さんは生で見たらもの凄く小柄でした。あと、自分はひさ子さんの「ジャーン」のときの右手の動きが大変に好きです。

トリプルファイヤーも今年見納め。毎回書いてますが相変わらず新曲群が素晴らしく、「Bの芝生」と「戦争の話」はこないだの自主企画のときよりもカチっとしてきているように思いました。タルトタタンは自分が好きな1stの「恋するカレンダー」が聴けて嬉しかったです。

今年は多分、トータルで10回ほどライブに行ったと思います。ここ数年、年に1回フジロックに行くだけだったのから比べるとエラい変わりようですが、それだけ最近の邦楽シーンは面白いと個人的には思います(特に東京インディーズとマルチネ界隈)。一応、今年の目標のひとつが「音楽と食に貪欲になる」だったのですが、それなりに実践できたのではないかと思います。

今年も残り5営業日ということで、正直全く仕事のやる気は起きませんが、風邪をひかないように気をつけて過ごしたいと思います。


 
 

スポンサーサイト
Category:ライブレポ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

出会ったときからお前がライバル

2014.12.14 Sun
毎週ブログを書くよう心掛けているのですが、先週何書いたかさっぱり思い出せませんでした。記憶力の低下を防ぐために小魚などを積極的に摂取していきたい所存です。

今週も特にネタはないので、最近見てグッときた動画を貼っておきます。


炎 vs 氷。


炎 vs 氷2。


神 vs 神。

 
以上です。
 
 

Category:雑記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

B.L.O.G.

2014.12.07 Sun
ついに今年も残すところあと1ヶ月を切りましたね。残り短い2014年、思い残すことなく綺麗に2015年を迎えるため、とりあえず漫画喫茶でダイの大冒険を14時間ぶっ続けで読んできました。全37巻読みきる意気込みで臨んだのですが、残念28巻でギブアップしました。リアルタイムで読んでた頃は特別好きというわけじゃなかったのですが、凄い完成度高いですよねこの漫画。ジャンプ版の「うしおととら」と言いましょうか、少年漫画の王道感、丁寧な複線、エスプリの効いた台詞回しと見所沢山です。ネットじゃぐあああ画像で有名かも知れませんがクロコダインとかめっちゃ格好いいですよ。ヤムチャ如きと一緒にしないで頂きたい。しかしハドラーが死んでアバン先生が復活するのってかなり終盤だった記憶があったんですが、そこから完結まで9巻もあるんですね。むしろそっちの方が覚えてない感じなので、年内に残りを読破したいと思います。ドラゴンボールとか幽々白書もそうですけど、昔の漫画はテンポが良くていいですね。

最近毎週ブログを書いているのですが、さすがに毎週書いていると、書かないとなんかムズムズするというか妙に収まりが悪いというか、そんな感じで今日も筆を取っているのですが、これが行動が習慣化するということかなと思いました。人として一段高みに登った気分です。

今週は特にネタもないので、三代目 J Soul Brothersのことを書きたいと思います。彼らの曲はマトモに聴いたことがなかったのですが、最近ちょっと聴いてみたら案外嫌いじゃないというか、むしろ結構良かったのでビックリしたという話。「R.Y.U.S.E.I.」なんか完全にアンセムですねコレ。





ちなみに一連のシングルシリーズには以下のような設定というかコンセプトがあるようなので、明日クラスの友達や同僚に教えてあげよう。

▶Blue Impactによって宇宙に誕生した若き光⇒「SO RIGHT」
▶そして吹き荒れる恒星風、困難な環境で生き抜く戦い⇒「S.A.K.U.R.A.」
▶アドレナリンのその先へ加速していく魂⇒「R.Y.U.S.E.I.」
▶哀しみ、試練⇒「C.O.S.M.O.S. ~秋桜~」
▶▶▶これらの過酷な環境に耐え抜き、さらに輝きを増した光
  それは、ともに生き抜いてきた光たちと共に新たな大きな光となる「O.R.I.O.N­.」


最後に、「R.Y.U.S.E.I.」を聴いたらこちらもどうぞ。


 
 

Category:雑記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

【ライブレポ】トリプルファイヤー自主企画vol.5「吉田たちの挽歌」(吉田ヨウヘイgroup × トリプルファイヤー2マン)

2014.12.01 Mon
お疲れ様です。なべやまひできです。

今回はつい昨日行われたトリプルファイヤー自主企画vol.5「吉田たちの挽歌」のライブレポをお届けしたいと思います。

B3IlFUiCQAE60bi.jpg

今回は吉田ヨウヘイgroupとの2マンライブということで、吉田ヨウヘイgroupはトリプルファイヤーのカバーを、そしてトリプルファイヤーは今年の集大成となる過去最長のセットリストと事前にアナウンスがあり、期待に胸を膨らませて会場に向かいました。それでは以下、ライブレポとなります。

■吉田ヨウヘイgroup
今年のフジロックのルーキーステージにも出演した吉田ヨウヘイgroup。フジではArcade Fireと時間が被ってて観られなかったのが残念だったのですが、今回が初見となります。結論から言ってしまうと、すっごく良かったです!8人組と大所帯なのですが、管楽器と女性コーラスがフィーチャーされた華やかで雄大な感じは、Arcade FireやBroken Social Scene(大好き!)といったカナダのバンドを思わせました。あとグルーヴが円形な感じで、晴れた日に野外で聴いたら最高だろうなあと思いました。フジのステージめっちゃ似合いそうですね。

どの曲も良かったのですが、とりわけ「ブールヴァード」はすこぶる素晴らしく、必殺の1曲としてフロアを沸かせていました。



ドッシリとしたビートにポップ&キャッチーな管楽器のメインフレーズ、女性コーラスが楽曲に華やかさを与え、そしてギターはひたすら地獄のテクニカル・エクササイズというインパクト抜群な1曲です。ダンスミュージック的な陶酔感・恍惚感もあり、大変幸せに体を揺らしながら聴いておりました。

そしてラストに披露されたトリプルファイヤーのカバーはなんと「パチンコがやめられない」。博打に身を焦がす自堕落な大学生を歌ったこの曲が管楽器によって無駄な豪華さと華やかさを与えられ、なんともシュールでした。あとギターが完コピで凄かったです。

■トリプルファイヤー
トリプルファイヤーを観るのはこれが実に8回目なのですが、文句無しに過去最高に良かったです。個人的には10億万点くらい差し上げたい感じでした。

まず、いつもにも増して音の分離が素晴らしかったです。吉田さんのボーカルはハッキリと聴こえ、鳥居さんのギターは鋭く光っており、山本さんと大垣さんのリズム隊はファット&タイトなビートを刻み続けていました。フジロックでSt.Vincentを観たときにめっちゃ音いいなあと思ったのですが、今日のトリプルファイヤーにもそれに近しいクリアさ&ハイファイさを感じました。トリプルファイヤーは外タレっぽい音するなと思います。

そして今日は吉田さんのボーカルが気合充分で絶好調な感じだったと思います。「次やったら殴る」では、今回は本当にやるんじゃないかと思わせるくらいの気迫でした。当然やんなかったですけど。MCも安定の切れ味で、終始機嫌が良さそうでした。

新曲も数多く披露されましたが、本当に観る度に良くなっていっており、次のアルバムが大変に待ち遠しいです。ギターとベースとドラムの抜き・刺し・絡みが本当に見事で、演奏だけ聴いたら完全にロンドンかニューヨークあたりのニューウェイヴ・バンドだと思います。演奏だけなら。それにしても今日は本当にグルーヴ感と切れ味が素晴らしく、終始ずっと踊っていました。これは最強のダンスミュージックだなとマジで思いました。

以前にもトリプルファイヤーはいずれZAZEN BOYSとかゆらゆら帝国のレベルに到達すると書いたのですが、それを改めて強く確信させるライブでした。完全に近づいていっている感じがあります。それでいて先の2バンドのようなある種の「孤高」「近寄りがたい」といった雰囲気が一切しないのだから、本当に稀有で画期的なバンドだなあと思います。

最後に以下、記憶頼りのセットリストと個人的なハイライトシーンです。セットリストは中盤の曲順がちょっと自信ないのですが、大体合ってると思います。⇒セットリストがアップされてましたので修正しました。

<SET LIST>
01.面白いパーティー
02.スキルアップ
03.変なおっさん(新曲)
04.次やったら殴る
05.Jimi Hendrix Experience
06.トラックにひかれた(新曲)
07.可能性が無限
08.やはりがんばらなくてはいけないのか(新曲)
09.Bの芝生(新曲)
10.思い出の中で生きている(新曲)
11.全国大会(新曲)
12.戦争の話(新曲)
13.パチンコがやめられない
14.エキサイティングフラッシュ
15.神様が見ている
16.ブラッドピット
EC1.カモン.
EC2.おばあちゃん

B3sjoa_CIAAZF_q.jpg

<個人的ハイライト・シーン>
3位:「神様は見ている」での鳥居さんのギター
→CDだとメインリフの他にパーカッシブなピッキングが入ってるんですが、あれそのままやってて感動しました。

2位:「エキサイティングフラッシュ」の照明
→「フラーッシュ」⇒「(ギター)ジャーン」のタイミングで照明が緑に光るんですけど、あれ滅茶苦茶カッコいいんですよ。

1位:「パチンコがやめられない」でベース山本さんが動いた
→やっぱり今日はこれですね。う、動いた!?っていう。最高でした。


吉田ヨウヘイgroup&トリプルファイヤーの皆様、お疲れ様でした。来年も更なるご活躍を期待しております!!
 




<ハイライト・シーン番外編>
ゲスの極み乙女。のベースとドラムの方が観に来ててビックリしました。

 

Category:ライブレポ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。