ラシックス
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

2010年代前半ベストトラック25(洋楽編)  #2010sBestTrack 

2014.09.21 Sun
お疲れ様です。なべやまひできです。

「音楽だいすきクラブ」さんの企画『2010年代のベストトラック』に参加しよう!
ということで、今回は2010年~2014年のベストトラック洋楽編です。邦楽編は前回の記事をご覧ください。
ちなみに邦楽は30曲選んだんですが、洋楽は25曲です。30曲もリストアップできませんでした、すいません。
選考基準について、邦楽は「2010年代のベストトラックとして相応しいか」という客観的な視点を結構加味したんですが、洋楽は殆ど主観的な好みだけで選んでます。あと邦楽同様、1アーティスト1曲という縛りは設けておりません。

以下、自分が選んだ2010年代のベストトラック25曲です。TOP10はコメント付きで。ネットで聴けるものはタイトルにYouTubeなりのリンクを貼ってますので聴いてみて下さい。
それではどうぞー。

25. Ariel Pink's Haunted Graffiti「Only In My Dreams 」
24. Ariel Pink's Haunted Graffiti「Round and Round」
23. Broken Social Scene「All To All」
22. Laura Mvula「Green Garden」
21. Kanye West「BLKKK SKKKN HEAD」
20. Kanye West「Bound 2」
19. The Chemical Brothers「Swoon」
18. Washed Out「Feel It All Around」
17. Neon Indian「Deadbeat Summer」
16. Skrillex「Summit (feat. Ellie Goulding)」
15. Foster the People「Best Friend」
14. St. Vincent「Digital Witness」
13. Disclosure「Latch (feat. Sam Smith)」
12. Disclosure「White Noise (feat. AlunaGeorge)」
11. Chromeo「Come Alive (feat. Toro y Moi)」


10. Kanye West「All of the Lights」


「THE・アメリカ」と言わんばかりの重厚長大かつ大袈裟な曲。昔はこのUSな感じが凄い苦手だったんですけど、最近なんか良さが分かってきたというか。日本とかイギリスと比べると、やっぱアメリカの音はタフですよね。タフ&セクシー、それがUSミュージック。言い換えればバイオレンス&エロであり、それって要するにヤングジャンプだなと思いました。


9. Penguin Prison「Fair Warning」


かつてナカコーがTwitterでオススメしてたので聴いた曲。言わずもがな、こういうポップでダンシンな感じはとても好みです。音楽的に新しいとかってのは全然ないと思うんですけど、妙に自分に馴染んだのか、何回も聴いてました。


8. The Drums「Lets Go Surfing」


この曲はかなり衝撃を受けましたね。スッカスカの極致とも言えるバンドアンサンブル、果てしなく低予算を感じさせるMV、内容は80年代ファッションに身を包んだもやしっ子がただ走ってるだけという、これぞまさにインディーポップ!こういう「俺にも出来そう感」ってのがインディーポップの魅力のひとつだと思ったりもします。「サーフィンに行こう」っていいタイトルだなあ。


7. St. Vincent「Cruel」


St. Vincentの姉御!今年アルバムを聴いたのとフジロックで観て凄く好きになったんですが、とりわけこの曲はポップで好きです。St. Vincentは佇まいが非常にナウいなあと思います。


6. Friendly Fires「Hawaiian Air」


Friendly Firesはメジャーのスケール感とインディーのマニアックさが高い次元で融合していると思っていて、大変に好きなんですが、中でもこれは破壊力抜群の1曲。このライブ動画凄い好きなんですよねー。まだ生で観たことないので、来年あたりフジロック来てくれるのを期待してます。


5. Toro Y Moi「Say That」


Toro Y Moiの天才っぷりが遺憾なく発揮された1曲。完全に2010年代ならではのサウンドだなあと思います。Toro Y Moiを知ったのは去年で、割と洋楽に興味無くしてる時期だったんですけど、Toro Y Moi聴いて「これか!」と思った記憶があります。バンドものもEDMもイマイチ興味持てなかった自分に、非常にしっくり来たのです。


4. Friendly Fires「Blue Cassette」


キラーチューンっぷりだったら「Hawaiian Air」の方が上だと思うんですけど、一番リピートしたのはこれ。イントロがかっちょいいのと、サビの高揚感がトゥーマッチ素敵です。


3. Saint Pepsi「Fiona Coyne」


今年の7月の曲なので、今回の25曲の中じゃ一番新しいんですけど、めっちゃいい曲だと思いますね。メロもアレンジも大好きです。そしてそこはかとなく感じる山下達郎感。夏に海岸沿いをドライブしながら流したら最高だと思います。


2. Toro Y Moi「Still Sound」


Toro Y Moiで一番好きなのがこれ。この古ぼけたサウンドの質感、たまらないです。懐かしいけど新しい、とか言うと月並みな表現かもしれないですが。MVもサウンドに合ってて凄くいいと思いますねー。あとToro Y Moiはルックスがいいですよね。トラックメイキングに目覚めたさだまさしって感じで。多分イケメンだったらここまで好きじゃなかったと思います。


1. Kimbra「Cameo Lover」


堂々の1位はKimbra姉さんの「Cameo Lover」!これはもう、迷わず1位でした。完璧ですわこの曲。何回聴いても飽きないし。結局こういう生と打ち込みが絶妙に混ざった感じのが一番好きなんだと思います、自分は。これは楽曲構成も綺麗で、本当に大大大好きです。1位おめでとうございました。ライブ観たい!!


以上、2010年代の洋楽ベストトラック25曲でした。
ちなみにアーティスト数は18。奇しくも邦楽の方のアーティスト数と一緒となりました。そして洋楽もやっぱりバンドもの少ないですね。自分の好みの変遷なのか、時代の流れなのか。多分両方な気がしますが。しかしマイベストヒッツ作ったときも思いましたけど、やっぱりこうしてリストアップすると自分の趣味嗜好があらわになって面白いですね。2010年代ベストトラック企画は9月30日締切とのことなので、興味ある方は是非に。


それでは。
 
 


スポンサーサイト
Category:マイベストヒッツ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

2010年代前半ベストトラック30(邦楽編)  #2010sBestTrack 

2014.09.14 Sun
お疲れ様です。なべやまひできです。

今回は「音楽だいすきクラブ」さんの企画『2010年代のベストトラック』に参加すべく、2010年~2014年のベストトラック30曲を選んでみました。企画の趣旨は「音楽だいすきクラブ」のブログを参照下さいませ。

選考基準ですが、自分の好みに「2010年代のベストトラックとして相応しいか」という客観的な観点を加えて選んでみました。特にTOP5はその観点を意識してます。あと1アーティスト1曲という縛りは設けませんでした。縛るとそれはそれでなんか無理やり感があったので。

それでは以下、自分が選んだ2010年代のベストトラック30曲です。TOP10はコメント付きで。ネットで聴けるものはタイトルにYouTubeなりのリンクを貼ってますので聴いてみて下さい。
ではどうぞー。

30. group_inou「HEART」
29. tofubeats「SO WHAT!? feat.仮谷せいら」
28. トリプルファイヤー「スキルアップ」
27. Perfume「不自然なガール」
26. ハナエ「Boyz & Girlz」
25. Perfume「Sweet Refrain」
24. サカナクション「夜の踊り子」
23. タルトタタン「しょうがないマイラブ」
22. 中村一義「おまじない」
21. Tomato n' Pine「ワナダンス!」
20. 大森靖子「ミッドナイト清純異性交遊」
19. tofubeats「No.1 feat.G.RINA」
18. ミツメ「Disco」
17. きゃりーぱみゅぱみゅ「CANDY CANDY」
16. うみのて「SAYONARA BABY BLUE」
15. N'夙川BOYS「プラネットマジック」
14. Tomato n' Pine「そして寝る間もなくソリチュード (SNS)」
13. group_inou「MONKEY」
12. group_inou「STORY」
11. LAMA「Cupid」


10. 坂本慎太郎「まともがわからない」


坂本慎太郎ソロ第1期の集大成と自分が勝手に思っている曲。メロ・サウンド・アレンジ、いずれもが極めてハイクオリティ。そして意外にも公式PVが作られていない。


9. Tomato n' Pine「POP SONG 2 U」


今年の初めの頃はこればっか聴いてた気がする。TM NETWORK大好きな自分が抗えるはずもなく。自分の好きなツボをこれでもかと押してきた正にポップソング。


8. 大森靖子「絶対彼女」


曲も好きだけどアレンジが凄く好き。大森靖子は最初そこまで好きじゃなかったけど、これと「ミッドナイト清純異性交遊」を聴いてかなり好きになった。


7. 神聖かまってちゃん「夕暮れメモライザ」


2011年の夏、この曲は本当に良く聴いた。大好き。夜勤明けに聴いてたことをなぜか強烈に思い出す。


6. 神聖かまってちゃん「黒いたまご」


マイベストヒッツ50曲にも選んだけど、当時こんな曲を作ってた邦ロックバンドはいなかったと思う。神聖かまってちゃんを好きになった要因として非常に大きな1曲。


5. トリプルファイヤー「カモン」


かっこよさと情けなさと面白さと悲しさとキャッチーさと大衆性と革新性と変態性と批評性と爆発力が全て備わった恐るべき1曲。オリジナリティとはこういうことを言うのだ。


4. きゃりーぱみゅぱみゅ「PON PON PON」


中田ヤスタカの曲は「気合入ってる曲」と「そうでもない曲」が案外分かりやすいと思ってるのだが、そういう意味だとこれは「超気合入ってる曲」。手癖で作りました感が薄く、メロディー、歌詞、アレンジから曲展開に至るまで相当に練られていると思う。これから2010年代の新しいポップ・アイコンとなるであろう、きゃりーぱみゅぱみゅのデビューに相応しい曲を。そんなコンセプトで天才が気合入れまくって作ったのがPON PON PONである。多分。


3. 神聖かまってちゃん「ロックンロールは鳴り止まないっ」


音楽にどっぷりハマった人でこの曲のAメロの歌詞に抗える人がいるのだろうか。これは2010年代のブルーハーツなのだと思った。そんなにブルーハーツ聴いてないけど。アレンジ的な面だとピアノを全面に取り入れているのが他の邦ロックバンドと一線を画していたと思う。最近の邦ロックつまんねえなあと思っていた自分にとって、神聖かまってちゃんは衝撃だったのだ。


2. tofubeats「水星 feat.オノマトペ大臣」


個人的には2010年代トータルでもTOP10に入るだろうと思っている曲。「2010年代の今夜はブギー・バック」という形容詞は決して大げさではないと思う。KOJI1200を引用したシンプルなアレンジは、強烈に2010年代を感じさせるのと同時に時代に流されない強さをも感じさせる。


1. AKB48「恋するフォーチュンクッキー」


天邪鬼な自分はこれだけ各方面で絶賛されているとコレを1位にするのをためらってしまうのだが、それでも色々考えたらコレが1位だった。完璧なポップソング。作曲者と編曲者のことを考えると、これだけ評価されて本当に良かったなあと思う。あとAKB48自体は自分は全然詳しくないんだけど、この曲は指原がセンターだったのが凄い良かったと思う。


以上、2010年代のベストトラック30曲でした。
ちなみにアーティスト数は18。2010年代前半は大体この人達を聴いてたということですね。
改めてリストアップしてみると、やっぱバンドもの少ないなあと思いました。
近年の自分の嗜好をなかなか如実に反映していると思います。
なお、本企画は9月30日まで参加受け付けてるとのことなので、興味がある方は是非是非参加してみて下さいませ。

で、この企画、洋楽もやるということなので、次回は洋楽の2010年代ベストトラック30曲を発表したいと思います。
実は洋楽のが選ぶの楽しみだったりします。

それでは。
 
 

Category:マイベストヒッツ | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |

【ライブレポ】どこよりも早い『廃病院パーティーVol.3』ライブレポ(不完全版)

2014.09.07 Sun
お疲れ様です。なべやまひできです。

さて、今回はついさっき終演した『廃病院パーティVol.3』のライブレポを。
トリプルファイヤー、Shiggy Jr.、ラブリーサマーちゃんが1日で観れるという完全に俺得なイベントでした。
しかしほんとタイムテーブル被りなくて良かったなあ。
尚、Tomggg→大森靖子&THEピンクトカレフ→HARCO→トリプルファイヤー→Shiggy Jr.→ラブリーサマーちゃんという順番で観ました。それでは以下、ライブレポでございます。

■Tomggg
マルチネの『東京』にも出演していたTomgggさん、
全編通してキラッキラしていて素敵だった。
ラブリーサマーちゃんの「あなたは煙草 私はシャボン」のRemixも聴けて嬉しかった。
そしてもの凄くいい人そうだった。




■大森靖子&THEピンクトカレフ
キャパオーバー感半端なかった。
今回チケット売り切れたらしいですが、全員ここに集まってるんじゃないかという混み具合。
正直全くステージは見えなかった。
ちなみにバンドセットで観るのは初めてだったんですが、これはこれでいいですね。
「Over The Party」のシングアロングが楽しかった("進化する豚")。




■HARCO
トリプルファイヤーまで時間があったのでHARCO。
名前を知らない人もこの曲は知ってるんじゃないでしょうか。



本当にあの歌声まんまでちょっと感動した。
「世界でいちばん頑張ってる君に」聴きたかったけど、トリプルファイヤーの時間なので離脱。


■トリプルファイヤー
大森靖子の教訓を活かし早めに待機。
おかげで過去史上最前で観ることになった。
全体的にドライヴ感のある演奏で凄く良かった。個人的にはこないだのLOFTより良かったです。
トリプルファイアーはどのハコでも出音が安定しているので、安心して聴ける。
「スキルアップ」は2番の歌い出しを盛大に間違えていたが、壁に備え付けられた穴に棒を突き刺したりして上手いことリカバリーしていた。
あとは「カモン」が聴けて嬉しかった。「スキルアップ」とかと違って「カモン」は毎回聴けるとは限らないので。
聴ける率、体感で約1/3。
新曲は聴くたびに演奏がこなれてきている感があり、どんどん良くなっている。
吉田さんの死ぬほどどうでもいいMCの切れ味も抜群だった。今回も満足!!
あ、そういえば「ちゃんとしないと死ぬ」聴かなかったの初めてかも。




■Shiggy Jr.
トリプルファイヤーで最前を確保した流れで、Shiggy Jr.も最前で観られることに。嬉しいやらなんか申し訳ないやら。
ボーカルの池田さんはその歌唱スタイルと同様、とてもキュートなお方だった。近くで観れて凄い嬉しかった。
そして演奏は思った以上にハードスタイルだった。
ベースとドラムの方はかつてナンバーガールやザゼンボーイズのコピーをしていたらしい。成程。
そんなわけで、BPM最速の「oyasumi」の演奏は特に良かったです。
あと「Saturday night to Sunday morning」は既にアンセム感ありありでした。盛り上がった!




■ラブリーサマーちゃん
マルチネ『東京』以来のラブリーサマーちゃん。
『東京』のときも思ったことだけど、やっぱりもの凄い新世代感あるなー。
どの曲も本当にいいんですが、僕は「乙女の秘密」という曲が大好きです。
あと、ラブリーサマーちゃんは度胸がある人だと思いました。




以上、ライブレポというか感想でした。
ちなみに会場は本当にex病院なので、かなり独特の雰囲気でした。
ノリとしては完全に文化祭でしたね。病院で文化祭やってると思ってもらえれば大体近いかと。
あとあんまりチケットの値段とか気にしないんですが、これだけ観れて3000円は安いですね。
今回でファイナルらしいですが、参戦できてよかったです。

以上!



【番外編】
初台駅を出て目の前、そこに立ち食い蕎麦屋「加賀」はあった。名物はかき揚げ蕎麦。
厚さ7cmはあるであろうサックサクのかき揚げが、油から揚がるやいなや直ぐに蕎麦の上に乗り、ツユがかけられ目の前に出される。その間僅か10秒。
目の前に出されたかき揚げ蕎麦は、まだかき揚げがジリジリ音を立てている。
熱々のかき揚げをツユにひたしかぶりつく。一心不乱に麺をすする。
当然かき揚げは全てツユにひたすのではなくサクサクゾーンを残しておく。
ツユの旨みが染みこんでソフトになったペタ、揚がったままのハード感を残したサク、2つの食感をハイブリッドに愉しむ。
麺を全て食べ終える頃には、かき揚げの油がツユに浮かび、なんとも神秘的なきらめきを放っている。
全ての旨みが渾然一体となったツユを最後の1滴まですする。
椀を置き、流れる額の汗を手でぬぐう。
「ごちそうさまでした。」
本日の裏ベストアクト。

Bwu_SxkCAAA1Spp.jpg




Category:ライブレポ | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

午前3時のグレート・ムタ

2014.09.03 Wed
夜中の雑記。

・いつの頃からか風呂がつまらなくなった。
大変義務的に入浴という行為を行っている気がする。髭剃りと一緒だ。
幼少の頃は、もっとワクワクとしたときめきがあったように思うのだがどうか。
今にして思えば100数えて上がるという行為にもそれなりにエンタメ性を感じる。
幼少の頃といえば、「お風呂でやりたい放題」という大変にきわどいネーミングの遊具があった。
シャワーとかプロペラとかなんか色んなギミックを搭載していて、非常に子供心をくすぐったものだった。
遂にそれを手にすることはなかったが、今でも風呂に入るとたまに思い出す。
あのきわどい名前の遊具と、幼少の頃のときめきを。

と思ったら今もあった。



点数低いな。


・今さらながら、「リアル」の13巻を読んだ。
「リアル」といえば車椅子バスケが題材だが、この13巻はサブキャラがメインのプロレス漫画となっている。
そしてそれが「物凄く良い出来」という評判を聞いて読んでみたのだった。
評判通り物凄い破壊力だった。正直泣いてしまった。井上雄彦の真骨頂ここにありといった感じである。
こないだスラムダンクを全巻読み返したときにも思ったが、井上雄彦は本当に漫画が上手い。
気になる方は、というか気にならない方も是非読んでみて欲しい。13巻単独でも読める話なので。
なお元々漫画喫茶で読もうと思っていたのだが、その前に寄ったココイチにたまたま置いてあったのには、運命を感じた。




・リアルを読んでから、結構プロレスのことが気になっている。
暇な時間にジャイアント馬場とかアントニオ猪木とかをwikiで調べたり、Youtubeで動画を見たりしている。
なるほど、これは非常に奥深い世界であると感じた。プロレスに熱狂的なファンがつくのも、なんか凄く分かる。
ちょっと一度生で観てみたいなあとも思った。程よくミーハーでいたい。


※動画はグレート・ムタの毒霧地獄。


・最近良かった曲のこと。
最近はSAINT PEPSIとKimbraが良かった。
昨年の秋あたりから、聴く音楽の傾向が変わってきた。洋楽に関してはバンドものを全然聴かなくなった。
昔はそれこそソロよりバンドが好きだったのだが、最近はソロアーティストにグッと来ることが多い。
単純に自分が昔はバンドやってて、今はひとりでやってるからというのはあると思う。
あとは単純に今はDTMっぽいのが好きなので、そうなると必然的にソロのが多くなる、のかな。





朝はきっと眠いな。
 
 


Category:雑記 | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。